トラブル

エアコンの霜取り運転が終わらない原因は?暖かくならない時の対処法!

急なエアコントラブル…困りますよね(T_T)

エアコンがあるから我が家は大丈夫~♪っと高をくくっていても

いざトラブったら自分もトラブります(笑)

今回は、

エアコンが暖かくならない!

エアコンの霜取り運転が終わらない!

時の対処法を伝授したいと思いますw

[ad#co-1-in]

Sponsored Link

エアコンが暖かくならないし、霜取り運転が終わらない

寒いからエアコンを付けたのに…

エアコンが暖かくならない

エアコンから温風が出ない(冷風が出て来る)

エアコンの霜取り運転が終わらない

などなどのトラブルに巻き込まれていませんか?

 

急な大雪で予期せぬトラブルが起きていますね(-_-;)

 

でも大丈夫です!!

ちょっとした事でこの事態から抜け出すことができます。

エアコンが暖かくならない時に確認してほしい事

まず、エアコンが暖かくならない!!

っと思ったら、まず室外機を確認してみてください。

 

エアコンの室外機が雪に埋もれてしまっていませんか?

エアコンの排水ホースの中が凍っていませんか?

 

この2点を確認しましょう。

 

予期せぬ大雪で室外機が一瞬で雪で埋まってしまっていた…

なんてことがあるんですよね。

当然ですが、室外機が雪で埋まってしまうと

空気の通り道がなくなって、エアコンが機能しなくなります。

 

また、見逃しがちな排水ホース。

排水ホースの中が凍ってしまっていてもエアコンは止まってしまうんです…。

 

また、エアコントラブルで多いのが霜取り運転から動かない

っというものです。

この霜取り運転とはどういうものなのか?っというと

エアコンが部屋を温めている時、室外機の熱交換機が

外気から熱をうばっている状態なんですね。

 

しかし、エアコンを使い続けていると、その室外機に霜がついてきて

暖房が弱くなってきてしまいます。

 

そこで、霜取り運転の登場です。

 

霜取り運転時は、エアコンで部屋を温めるのをストップして、

室外機の方で霜を溶かす作業をしているんです。

 

この霜を溶かさない事には、エアコンはずっと霜取り運転のまま動きません。

 

最近のエアコンでは霜取り運転時も暖かい空気が出るものがあるようですが

少し古いものや対応していないエアコンの場合は

この霜取り運転は避けて通れないものになっています。

[ad#co-1-in]

Sponsored Link

エアコンが暖かくならない時の対処法

エアコンが暖かくならない

霜取り運転から動かない

この症状の時はほとんどが、室外機が雪で埋まっている状態の時です。

なので、寒いですが、外へ出て室外機の周りの雪をどけてあげましょう。

 

えー!!そんなの無理…。。。

っと思われるかもしれませんが…

その少しの間の寒さを我慢すれば、エアコンはしっかり動くようになります。

 

この時、大着して、ほんの少しだけ雪をどかすような事はしないようにして下さいね。

 

雪が振り続けている時は、雪がまた室外機を埋めてしまいます。

 

寒くて面倒かもしれませんが、最低でも15cm以上は

室外機の周りに何もない状態にしてあげましょう。

 

またホースの中が凍っていてもエアコンが作動しな場合がありますので

ホースの中が凍っていたら、ホースに暖かいお湯をかけるなどして

中の氷を溶かしてあげましょうね。

 

これでもダメな場合は…

エアコンの寿命かもしれません。

 

電気屋さんに相談してみてくださいね!

 

解決しますように^^

[ad#co-1-in]

Sponsored Link